雨漏りの調査をした後は防水工事~種類別の特徴~

喘息にならない環境づくり~防水工事の種類とメリット~

屋根

雨漏りの調査で被害状況が深刻であると判断された場合、防水工事を行なって住環境を改善します。喘息の元となるカビの繁殖を予防する防水工事には様々な方法があるので、違いを把握して、最適な方法を選択しましょう。

防水工事の種類

安くて早く行なえる防水工事は?
費用を抑えて早く防水工事がしたいのなら、ウレタン防水が最適です。ウレタン防水は、硬化剤を塗膜する方法で、下地に塗るだけなので非常に早く工事が完了します。そのため、工事期間が短く、費用も安くなるのです。
木造建築でも行なえる防水工事は何ですか?
ゴムシート防水は、合成ゴム系の防水シートを接着剤で下地に貼る工事方法です。素材がゴムなので伸縮性があり、下地に亀裂が入っていてもしっかり定着させることができますし、比較的軽量なので木造建築であっても施工できます。
耐久性に優れている防水工事を教えてください
耐久性を重視するなら、FRP防水を選びましょう。この工事で使われるFRPはガラス繊維強化プラスチックなので、強靭かつ軽量です。そのため、車が走っても剥がれないほどの耐久性があり、定着する速度も速いので工事も短期間で終了します。

防水工事には、ウレタン防水、ゴムシート防水、FRP防水があります。いずれも費用の面や耐久性の面で違いがありますが、高い防水効果があることは確かです。事前に違いを把握しておけば、業者との話し合いもスムーズに進みます。

定期的なメンテナンスが必要

防水工事の効果を維持するためには、定期的なメンテナンスをする必要があります。 耐久性があると言われる防水工事であっても、10年も経てば防水層が劣化します。そのため、10年に一度はメンテナンスを行ないましょう。

TOPボタン